伊予鈴水産のTOPへ
会社概要
事業概要
商品紹介
買える店・味わえる店
こだわり
魚のレシピ集
魚料理のお役立ち動画
お客様とのふれあい通信



深浦お魚図鑑 >> イシダイ科 イシダイ科 > イシダイ(コーロ)
イシダイ科 イシダイ科 > イシダイ(コーロ)

イシダイ(コーロ)
イシダイ(コーロ) ( 137.6 KB )

URL
メディア ( 137.6 KB )
サムネイル画像 ( 36.1 KB )
ミドル画像 ( 86.5 KB )

イシダイ(コーロ) 高ヒット
投稿者 伊予鈴水産 さんの画像をもっと 伊予鈴水産     撮影機材 SONY DSC-W110
タグ カテゴリ イシダイ科     前回更新: 2011-5-13 13:02     写真 ファイルサイズ 137.6 KB
ヒット数 11656   コメント数 0    
























イシダイ
分類スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属
学名Oplegnathus fasciatus
英名Striped beakfish / Barred Knifejaw
漢字『石鯛』
・・・石をも噛み砕く歯を持つ魚

地方名【愛南】
コウロウ、コーロ
【地方】
縞鯛・シマダイ(若魚・各地))/ 三番叟・サンバソウ(若魚・相模湾) / 口黒・クチグロ、ギンワサ、ギンカゲ(オス老成個体・各地) /ハス(各地) / タカバ(富山) / ガダイ(神奈川) / ナベワリ(静岡-和歌山)/ ナベダイ(愛知) / ワサナベ(和歌山)/ウミバス(大阪)/クロクチ(広島)/ヒシャ(長崎)/スサ(熊本)/クシャ、ヒサイオ(鹿児島)/クサネイオ(鹿児島県甑島)/ヒサ(鹿児島県種子島)
生息域北海道南部から九州までの全国各地の磯や浅い岩礁。
形態成魚は全長50cm程度だが、稀に全長70cm・体重7kgを超える老成個体が漁獲される。
体型は左右から押しつぶされたような円盤型で、顎がわずかに前方に突き出る。鱗は細かい櫛鱗で、ほぼ全身を覆う。
口は上下の顎ごとに歯が融合し、頑丈なくちばしのような形状になっていて、ウニや貝殻などを噛み砕いて食べられるほどに強力である。
背鰭は11〜12棘17〜18軟条であり、イシガキダイ(12棘15〜16軟条)とこの点でも見分けることができる。

体色は白地に7本の太い横縞が入るが、成長段階や個体によっては白色部が金色や灰色を帯びたり、横縞が隣と繋がったりもする。
幼魚(白が黄色味がかることもある)や若魚ではこの横縞が明瞭で、この時期は特にシマダイ(縞鯛)とも呼ばれる。
ただし成長につれて白・黒が互いに灰色に近くなり、縞が不鮮明になる。
特に老成したオスは全身が鈍い銀色光沢を残した灰黒色となり、尾部周辺にぼんやりと縞が残る程度になる。
同時に口の周辺が黒くなることから、これを特に「クチグロ」(口黒)、または「ギンワサ」「ギンカゲ」などと呼ぶ。
一方、メスは老成しても横縞が残る。
生態よく釣れる水温は18-24度で、極度の高温・低温は好まないとされる。
また、水温により成長に差がつくとも考えられている。
7kgを超える個体は九州南部、四国南部、紀伊半島、伊豆半島南部、伊豆諸島北部で釣られているが、
八丈島、三宅島、佐渡島、男鹿半島等では見られないことから推測出来る。

暖流に面した、浅い海の岩礁域に生息する。
成魚は海底の岩陰や洞窟に潜んだり、海底付近を泳ぎ回る。
魚類にしては好奇心が強いことでも知られ、スクーバダイビングや漁などの際に人が近づいても逃げないことがある。
稚魚は波打ち際付近にもやってきて、タイドプールで見られたり、海水浴場で泳ぐ人間の身体を口で突いたりもする。
これは同属のイシガキダイでも見られる。

食性は肉食性で、甲殻類、貝類、ウニ類などのベントスを捕食する。
これらの動物の頑丈な殻も、くちばし状の顎で噛み砕いて中身を食べてしまう。
俗に「サザエの貝殻も噛み砕く」と云われるが、
釣り上げた個体の胃内容物を調べてもサザエやアワビ等の殻の固い貝が見られることは稀である。
胃の内容物で多く見られるのは漁師が「藻エビ」と呼ぶ海藻に隠れ住む小さなエビや蟹、ヤドカリの一種である。

産卵期は春(4〜7月)で、分離浮性卵を産む。
孵化した稚魚は流れ藻や流木などに付いて外洋を漂流し、
漂着物に付く小動物やプランクトンを捕食しながら成長し、多くは3歳で成熟する。
全長数cm程度から浅海の岩礁に定着し、ベントス食(底砂の中や海底に生息している生物を食べる)。
成熟した個体は春先から群れで南下して南日本で産卵を行うことが知られている。
縞模様の消えた老成魚は生殖に参加しない。
どことなく夏の魚でというイメージがあるが、食材としての旬は秋である。
また、小型の魚体(1kg未満)のものは、寒い時期に旨味脂がのり、旬の物に負けないくらい美味。
食・知識30〜40センチのものがもっとも好まれる。このイシダイの刺身はとても美味。
一般に魚は大きくなってから味がよくなるが、
ところがイシダイは寒い時期には小さいものも負けないほどに旨味脂がのる。
この小振りの刺身も絶品だ。
残念なのは意外に塩焼きがその値段ほどにはうまくないということ。
刺身ではほとんど気にならない磯臭さが出てくる。
この磯臭さによって「熱を通す料理」には好き嫌いがでる。
また、大型個体は却って味が落ち、シガテラ中毒の危険もあるので食用には向かない。
また、死後に時間が経つと磯臭さが強くなるので、この点でも注意を要する。
主な料理法は刺身、洗い、寿司種、塩焼き、煮付け、唐揚げ、ポワレなど。







execution time : 0.157 sec
交通アクセス | リンク集 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ
伊予鈴水産 〒798-4110 愛媛県南宇和郡愛南町南町御荘平城28-3 TEL:0895-73-1216 FAX:0895-73-1211
Copyright 2011. Iyosuzu-suisan. All rights reserved.